So-net無料ブログ作成

☆産後太りを何とかしたいという”幻想”は間違い? [ファッション&ダイエット]

Sponsored Links



☆産後太りを何とかしたいという”幻想”は間違い?


産後に限らず、毎年のことながら新年に誓うのがダイエット。

どういう訳か、その決意もいつの間にか忘れてしまうのが関の山ってこと、

誰しも知っているなんて、何だか納得していいのかわるいのか・・、

って思いません?


さて、産後ダイエットを決意したものの、どうしても時間がないなどと、

つい、それを理由にしていませんか?

そしてまた、取り組んではみたものの、やっぱりわたしにはムリだわ、

あれは”幻想”に過ぎないと、諦めてしまう・・もしかして間違いなの?



それはさておいて、産後ダイエットの参考にしたいと思うのはどなたも

一応に、有名人のダイエット方法は? ではないでしょうか。

どうしてあんなに元通りの美しいボディになれるのか? とても羨ましく、

もしかして、なんて自分もできそうと希望を抱いたり?ではないですか。


・「こんなに増えてしまったこの体、どうしてもあと3キロが戻せない」

・「ダイエットのための運動・エクササイズの時間がない」

・「伸びきって垂れ下がるほどのお腹の皮が・・」


こうした悩みはどなたでもあるのですが、やはり有名人やセレブみたいに、

と言うわけにはいきません。でもそこを何とか解消する方法を考えてみる

のも大事なことですよね。


海外セレブの産後ダイエットはどんな方法?


1.食事制限は

キム・カーダシアンは、炭水化物を1日おきにカットして、野菜中心の

炭水化物制限という方法。

ミランダ・カーは、ココナッツオイルを取り入れたりしました。

ジェニファー・ロペスは、1日6回に分けて少量ずつ摂る方法。

ヴィクトリア・べッカムは、1日にわずか5口ほどの食事しか摂らない。

という食事制限、だったそうですね。


2、運動は

ミランダ・カーは、週3~4回のヨガプログラムを行っていました。

ヴィクトリア・べッカムは、産後3週間には通常通り、ジムでのトレー

ニングを開始。

ハル・ベリーは、産後3週間から3ヶ月半まで、週5日は有酸素運動や

ストレッチなど。

彼女達は、食事制限や定期的なエクササイズを継続することで、

あれだけの魅力的なボディを維持していることが分かります。

出典・参考:http://www.shutterstock.com/


海外セレブから学べる、産後ダイエットのポイント!

海外セレブの真似は到底できなくて当然ですし、欧米人の食生活も体質

も異なるので、あれほどの成果が出ないことや、リバウンドすることも

あって当たり前と考えても、やむを得ません。


しかも日本では、代々、産後3週間は動かない方が良いと言う考え方が

定着してきました。無理をすることは、後々、更年期障害に影響し、

それで症状を重くしてしまう、などという言い伝えが続いてきました。


産後ダイエットの正しい方法


大体どの本やサイト(掲示板等)でも似たようなことですけれど、

1.基本は規則正しい食生活が重要であること

海外セレブたちは、これでもかというストイックな方法がトレンドみたい

に、絶食に近い無理な食事制限を行ったりもしています。その結果として

の体重減少は明らかです。

食べる量を減らせば当然、体重は減りますが、失うものは計り知れない、

ということも知るべきでしょう。

タレントや芸能人は、すぐに痩せないと仕事に支障が出る、と言えなくも

ないのですが・・。無理は禁物でしょう。

しかし、妊娠・出産で大きなダメージを受けることは確かで、

シッカリしたバランスの良い食事で回復しなければなりません。

ましてや大切な赤ちゃんのための育児、あるいは復職に備えることも

考えなければなりませんよね。

ストイックな食事制限は間違いなく体を壊しますので、絶対にしてはい

けません。規則的正しい食事が重要で、不思議なもので、体重は自然に

戻ってくるはずです。

2.軽い運動を行うこと

タレントやセレブで多いのは、ジム通いをはじめ、自宅にトレーナーを

呼んできっちりプログラムを行います。

ジョギングがいいという話も多く聞きますが、日本人では、産後間もな

く赤ちゃんを預けて、本格的な運動やトレーニングをしているというのは、

プロのスポーツ選手以外、ほとんどないでしょう。

産後は、散歩をする機会は増えますが、抱っこ紐やベビーカーを押しての

影響で、歩く速度は遅くなり運動量への期待は見込めません。

自宅でダンスやヨガのDVDなどを見ながら、まずは楽しく運動を行う、

というスタンスを維持することが、産後のママには是非お勧めですね。


さらに、次の赤ちゃんも授かりたいとお考えの場合は、次の出産に向けて、

絶対に無理のないダイエットを行うことが重要です。これは次の二人目

不妊などということを未然に防ぐことにもつながります。

例え初めての妊娠であっても、普段から無理なダイエットをしてきた場合、

母子ともに好ましくない影響を及ぼします。


海外セレブの産後ダイエットを知ることで、食事と運動がダイエットには

欠かせない大切なことだと分かります。産後は特に無理のない範囲で、

ゆっくりと少しづつダイエットすることが日本人には向いています。

決して焦らず、生活習慣、特に食事と運動を見直し、正しいダイエットを

心がけましょう!

 ジムに通える方にお勧め
   ⇒ 無料カウンセリング受付中!
 
 ジムに通えない方にお勧め 
   ⇒ かつてなかったあのダイエットプログラム誕生!


   
【関連記事】:産後ダイエットを始めて3か月です。
      
      :生後3か月の娘ですが、母子ともに便秘です。

      :出産後に『スソガ』? 


Sponsored Links



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Sponsored Links
海外ドラマコンテンツ